1. トップ
  2. ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは、特定のメーカーが十数年にも及ぶ長い研究とコストをかけ新しい薬を開発し、従来なかった薬効成分を持つ「先発医薬品(新薬)」の特許期間(20~25年)が過ぎた後に、他のメーカーが同じ成分で製造販売をしている薬のことです。

長い研究でかけた莫大なコストがジェネリック品ではかかっていないため、より安く購入することができます。

そして効き目も安全性も新薬と変わりません。

ジェネリック品にも高い基準や規制があります。
溶出試験や生物学的同等性を確認し、新薬と同じ有効性、安全性なのかや新薬と同じ割合で成分が溶け出すのかなどの確認を行います。
それらを守り開発や製造、販売をしています。

そしてジェネリック品は新薬と同じ効果をしつつ、より飲みやする工夫をしています。
例えば、水がなくても飲めるようにしてあるものや何種類も味があって飲みやすいもの、ゼリー錠に改良してあるものなどがあります。
なので新薬より溶けやすく飲みやすくなったなど年齢を問わず思える商品です。

新薬の有効性・安全性が十分に確認された上で新薬の特許期間満了後、ジェネリック品として製造されています。

シアリスにもタダシップやメガリスなどのジェネリック医薬品があります。
有効成分も用量もシアリスと一切変わらないので同様の効果が期待できます。
ものにより、用量は10mg、20mgがあります。
最初のうちは10mgから使用するようにしたほうが賢明です。

シリアスは20mg1錠で2,000円ぐらいしてしまいますが、タダシップなどのシアリスのジェネリック医薬品だと20mg1錠400円程度で購入することができ、経済的にとてもお得です。

シアリスは、長時間効果があり副作用も少ない安全なED治療薬として世界中で有名なので、ジェネリック医薬品の種類もたくさんあります。
購入の際は先発薬とジェネリックを比較してみるのも一興です。

シアリスの通販