1. トップ
  2. 海外医薬品の個人輸入

海外医薬品の個人輸入

海外医薬品を個人輸入することにはいくつかの利点と欠点があります。
下記の事項をご確認いただきますとスムーズにご利用いただけます。

海外医薬品個人輸入の利点
安く購入することができる
病院に定期的に通う必要がない
無駄なコストがかからない
日本では薬事法により規制されているジェネリック医薬品の購入が可能

日本では未承認の薬がたくさんあります。
特にジェネリック医薬品は世界では一般的な薬で普及率が70%を超えています。
世界保健機関も使用を推進している安全な医薬品なのに、日本ではまだ50%程度しか普及していません。
そのため日本で医薬品を安く買うことは難しい状況です。

その医薬品が承認されている国から個人輸入することにより、安いジェネリック医薬品を買うことができます。

シアリスのジェネリックもその1つで、日本では認められいないですが、海外ではタダシップやメガリスなどのいくつかのジェネリック医薬品が既に販売されているので、求めている効果に合わせて買うことができます。

また通院の必要がないので、医療費、交通費といったコストを抑えることができます。

海外医薬品個人輸入の欠点
購入した医薬品の管理などはすべて自己責任になってしまう
注文してから到着するまでに時間がかかる
配送の品質が悪いことがある
すべて独力でおこなう場合は英語やフランス語など現地語のやり取りになってしまう

もしも商品が破損して届いた場合やトラブルが生じた場合に現地の言葉での対応になってしまうこともあります。
なので商品のトラブルがあっても自己責任になってしまうといった欠点があります。

相場より安すぎる場合には正規品ではなく偽造品の可能性もあります。
その結果効果がないという場合もあります。

また健康に害するものが含まれているとなるととても危険です。
きちんと事前に確認してから購入することが大切になります。

また持病がある方は飲み合わせ等に問題がある場合があるので事前に適切な医療機関での相談をすることをおすすめします。

このように、海外医薬品の個人輸入には、利点もあれば欠点もあります。
日本ではまだ薬事法で制限されていても、海外では認められていて安全な医薬品もあります。
そういうものを安く簡単に購入したいという人には海外医薬品を個人輸入することがおすすめです。

上記の欠点をカバーするには、信用できる安全な個人輸入代行業者を利用することがもっとも良い手段です。

当サイトでご紹介している通販サイトは実績のあるサイトなので安心してご利用いただけます。

インターネットの普及で、自分の欲しい医薬品も簡単に買える時代となりました。
注意事項を守った上で、便利に活用していきましょう。

シアリスの通販