ED治療薬の種類

ED治療薬にはさまざまな種類があります。

主にバイアグラ、レビトラ、シアリス、ステンドラがあげられます。

基本的な服用方法や注意事項、副作用等は同じです。

服用方法
1日1錠の薬なので再度服用する際は24時間以上あけてください。

注意事項
アルコールの摂取は適量であればリラックス効果があるので飲酒可能ですが、飲みすぎると作用に影響が出るので注意してください。

副作用
主に顔のほてり、目の充血、頭痛、動悸、鼻づまりです。

続いて、4種類のED薬の概要を記載します。

■バイアグラ

有効成分:シルデナフィルクエン酸塩
日本国内で処方される用量は25mg、50mgの2種類がある。
やや即効性があり、性行為の1時間前(空腹時は30分前)に服用する。
4~6時間持続可能。
食事の影響を受けやすく、最低でも食後2時間あけてからの服用が望ましい。

作用が続いている時間内に副作用がみられることがあります。
ジェネリック医薬品があり、安く購入することができるのが特徴です。

■レビトラ

有効成分:塩酸バルデナフィル水和物
用量は5mg、10mg、20mgの3種類がある
即効性があり、性行為の1時間前(空腹時は20分前)に服用する。
10mgでは5,6時間、20mgでは8~10時間持続可能。
食事の影響はバイアグラよりは受けにくいが、食後2時間あけてからの服用のほうが効果が得られる。

作用が続いている時間内に副作用がみられることがあります。

■シアリス

有効成分:タダラフィル
用量は5mg、10mg、20mgの3種類がある。
即効性はなく、性行為の3時間前に服用する。
10mgでは20~24時間、20mgでは30~36時間持続可能。
食事の影響は受けにくいが、食後2時間あけてからの服用のほうが効果が得られる。
副作用はあまりでません。

■ステンドラ

有効成分:アバナフィル
用量は50mg、100mg、200mgの3種類がある。
即効性があり、性行為の15~30分前に服用する。
持続時間は5~6時間程度です。
食事の影響は受けにくいが、食後2時間空けてからの服用のほうが効果が得られる。
作用が続いている時間内に副作用が見られることがあります。



これら4種類の中で、シアリスが世界で最も売れているED治療薬です。
効果が持続する時間がもっとも長く、副作用もほとんどないのでおすすめです。

次に、シアリスについて解説します。

シアリスの特徴

シアリスとはアメリカにあるイーライリリーアンドカンパニーが開発したED治療薬です。

EDとは勃起障害と呼ばれる症状で、性行為時十分な勃起ができないために満足に性行為が行えない事を指します。
年齢を重ねるごとに症状が出てくる人は増加しますが、若い世代でもこの症状で悩んでる方は多いです。

シアリスの有効成分は上で説明のとおり、タダラフィルです。
タダラフィルは水、またはエタノール等に溶けにくい性質を持っており、じわじわゆっくり効果が得られます。

従来のED治療薬に比べて大きく異なるのが効果の持続時間です。

1番最初にできたEDの治療薬はバイアグラで、持続時間は4時間から6時間だと言われております。

そして次に開発されたのはレビトラで、効果の持続時間は5時間から10時間と長くなりました。

それより大幅に時間が増えたのがシアリスです。
有効成分タダラフィルの性質から、持続時間はなんと24時間から36時間と、驚異の持続時間になります。

服用のタイミング、成分量、個人差などによっても異なりますが、36時間も持続してくれるのであれば旅行などに行く際は服用回数が少なくて済みます。
近場の旅行などでは、金曜の夜に服用して、日曜日の朝まで効果が持続するのです。
2泊3日も持続できるので、服用していることが相手にばれる心配もありません。

シアリスはゆっくり効果が出てくるタイプですので、即効性は期待できません。
しかし、持続時間が長い分余裕を持って服用することで、その点はカバーできます。

他にも、バイアグラやレビトラは、食事に影響を受けやすいですが、シアリスは食事の影響を受けにくいです。
バイアグラは油の強いものを食べた場合、2時間以上の間をあけても効果が得られない場合もあります。
シアリスはその点も気にしなくていいので、食事のタイミングなど考えないで済みます。
ただし、空腹時の方がより効果は実感できるとされているので、なるべく軽い食事にすることを推奨しています。

シアリスとバイアグラの比較

シアリスとレビトラの比較

服用後は必ず性的な刺激を与えるようにしましょう。
あくまでも、勃起の手助けをしてくれる作用ですので、服用しただけでは勃起できませんのでお間違えないようにしてください。

また、シアリスにも多くのジェネリック医薬品があります。
その中でも人気なのがメガリスです。
シアリスの有効成分であるタダラフィルを配合しており、シアリスと同一の効果が期待出来ます。
それだけでなくメガリスは価格の面においても先発薬の半分以下で買うことが出来るので経済的な面でも大きなメリットと言えます。

メガリスを始めとするジェネリック医薬品は海外医薬品の通販サイトを介して購入することが出来ます。

海外医薬品の個人輸入とは

シアリスジェネリックについてもっと詳しく見る

シアリスの購入方法

シアリスの購入方法は病院処方と通販があります。

ここではそれぞれの特徴をご紹介します。
どちらがご自身に合った方法が、ご検討される際の参考にしてください。

■病院処方

病院での薬は、専門の医師の診察を受けた後に処方されるので、安全かつ安心です。
しかし、デメリットも存在します。

・定期的な通院が必要になる

その度に診察料、処方箋料の他に調剤料や情報提供料などがかかってしまいます。

なので定期的な診察や毎回の処方でかかる費用を考えるとかなり高額なコストがかかってしまいます。

そのうえ決められた時間内に通院しなければいけないという点で、仕事などが忙しく病院に行く余裕がない、処方された薬を取りに行くことが難しいなどという通院の際の手間がかかってしまうのが問題点です。

■通販での購入

通販なら定期的な通院もいらず、簡単に購入することができます。

病院に通うのは恥ずかしいという方や、忙しくて医療機関に通院することが困難な方でも携帯やパソコンなどで購入したい個数をクリックし、あとは自宅に届くのを待つだけなので簡単に購入できます。
なのでわざわざ薬局に行って薬を頼んで待つという手間も省けます。

・通販は圧倒的な利便性がGood

通販であれば、定期的な通院もしなくていいので診察料もかからず処方箋料もかからないのでコストをおさえることができます。

病院で処方された通りのものを購入することができ、ジェネリック医薬品に変えてよりコストを抑えるといった選択もすることができます。


用量を上げて購入し、1/2にして服用したり量を増やすなどの調節も可能です。
効かないからといって一気に上げるのは危険ですが調節しながら服用することができるのがポイントです。

また、家族や同居人に見られてしまったら困るというような、自宅に届いて困る方は郵便局留めの対応ができるのもおすすめです。

一度病院に行き処方された医薬品を通販で安く買いたいという方や今まで使ってたこの薬を購入したいという方、ジェネリック医薬品にしてコストを安くしたいという方など幅広くの方が安心して購入できるのが特徴です。

通販で購入するほうが通院が必要なく便利で、手軽でお得に購入することができるのでおすすめです。

海外医薬品の個人輸入とは

シアリス